ヨークシャテリアの子犬を、小規模家庭的なブリーダーさんの元からお届けします

子犬を迎える時期!

  • HOME »
  • 子犬を迎える時期!

子犬を迎える時期

 当店では生後70日~90日の間をお勧めしています。
 (犬種によってはもっと早い時期が良い場合もあります)

 それは、
 子犬は生後3~12週齢頃に「社会化期」が訪れます。
 この頃の環境が、後の犬の性格に大きく影響するのです。
 子犬の頃、親兄弟と一緒に遊びながら犬社会のルールを覚え
 また、飼っているブリーダーの飼育により人間との協調性
 人間は自分のパートナーであり、仲間であることを覚えます。
 子犬の時ほど、好奇心が旺盛な時期はありません。 
 
 社会化期に犬や人間との遊ぶ時間が多いほど、
 人に良く慣れる飼いやすい犬になります。
 逆にこの時期、犬との接触がない子犬は、他の犬を恐がるようになり、
 犬同士のコミュニケーションのできない犬になってしまいます。

 そして、
 人間との異常な結びつきができ、飼主に大きく依存することになります。
 他人との交流を持てなかった子犬は、新しい人に出会うと、
 不安に陥り、恐ろしがって、人を見ると吠えたり、噛みついたりします。
 「社会性」のない犬は、臆病になるか、攻撃的になることが多いのです。
 
 最近のペットブームの中で問題視されるのが、
 社会化期を充分過ごせず、体力的にも体ができていない時期の
 子犬を売買することが一因と思われるトラブルが多いです。

 これは、
 生後間もない子犬を陳列販売する側も問題ですが、
 小さい可愛いうちに欲しいと拘る消費者の考え方も問題です。


 チョット考えてください。
 生後70日~90日目近くで迎える子犬の良さ、
 体がしっかりしてきて健康面も実証済み、
 社会下期を親兄弟、ブリーダーと過ごしたことで、
 とても飼い易い性格の子犬になっている。
 最初の頃の大変なシツケ時期を短くできる


 なので、当店では
 初回ワクチンを生後60日目頃に打ち、
 生後70日~90日の頃に子犬を迎えることをお勧めしています。

 
 
皆様の信頼を得られるよう努力いたします。

お問い合わせ TEL 03-3755-1524 AM10:00~PM7:00

PAGETOP
Copyright © HIAS.CO.JP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.